へけまるの逸品。

拘りのファッションアイテムを中心に紹介

LVC 1955年モデル?

リーバイスストア新宿の3階に「テーラーショップ」というものがあり、自分だけの一本をつくることができるんです。

 

リーバイス製品なら持ち込みも可。(オリジナルビンテージや別注品などは例外)

 

私はその場で1955年モデルを購入。フルテーパードをしてもらうことにしました。

 

裾は足が通るギリギリまでキュンキュンに絞ってもらいました。笑

 

こちらがオーダー用紙。

 

f:id:hekemaru:20170331001951j:image

 

納期は3週間ほどでした。

 

f:id:hekemaru:20170331002311j:image

 

f:id:hekemaru:20170331002527j:image

 

どうですか?

今風のシルエットに変わっていると思います。

 

 1955年は毛羽立ちのある生地が特徴です。

 

f:id:hekemaru:20170331002414j:image

 

ツーホースの紙パッチ。

 

f:id:hekemaru:20170416195853j:image

 

1955頃に初めて導入されました。2頭の馬で左右に引っ張っても破れないという丈夫さを示すシンボルらしいです。

 

このテーラーショップのカスタムはテーパードの他にも、クラッシュや刺繍ができたり、こちらにアイディアがあればテーラー職人と話し合い、可能であればオリジナルのカスタムもしてもらうことができます。

 

LVCをカスタムするのは、少し邪道かと思いながらも、やってしまいました。

 

店員さんに聞いたら、カスタムをする人はほとんどLVCらしいのですが。

 

カスタムは既存の商品では満足できない人がやるので、結局は拘るマニア向け、ということなんですかね。

 

このサービスがあるのは、新宿店だけなので実際に足を運ぶことができるリーバイスファンの方はおすすめです!

 

もう1着、カスタムしたジーンズがあるので、またどこかで紹介したいと思います。