へけまるの逸品。

拘りのファッションアイテムを中心に紹介

ナイキIDが欲しい

皆さんはナイキIDというものはご存知ですか?

 

ナイキIDとは、ナイキのオーダーシューズです。仕様やカラーなどオリジナルな1足を作ることができます。

 

ナイキがオーダーシューズの先駆けとなりましたが、今ではアディダスの「mi adidas」、リーボック「YourReebok」でも同じようにオーダーメイドのシューズが作れます。

 

f:id:hekemaru:20170411211654j:image

 

かなり前にナイキIDでオーダーしたナイキフリーラン2。(名前が入っているので加工してまります笑)

 

ナイキIDのサイトにいけば、カラーシュミレーションが可能です。

 

遊びでやってみました。

コルテッツ。

 

f:id:hekemaru:20170404094250p:image

 

f:id:hekemaru:20170404094307p:image

 

f:id:hekemaru:20170404094338p:image

 

少し意識しているのは、SUPREME×JORDAN5。

 

f:id:hekemaru:20170410154450j:image

 

注文しようかなー。

 

なんて、持っているものではなく欲しいものの紹介でした。

 

 

 

rpx.a8.net

OAKLEY MADMAN

サングラスといえば、オークリー。

今まで本当にお世話になってきました。

私は野球をしていたので、「RADAR」(レーダー)は1番初めに購入。

 

f:id:hekemaru:20170331091257j:image

 

rpx.a8.net

 

イチローさんなど野球選手の多くはこのモデルを着用しています。

イチローさんへの憧れが強くて、これも買いました。

「JULIET」(ジュリエット)

 

f:id:hekemaru:20170331091756j:image

 

rpx.a8.net

 

カッコ良すぎる…。

大学4年生になって、レーダーからジュリエットに変えたとき、相手から野次られまくったのを覚えています。調子乗るなと。笑

 

このジュリエットはX-Metal(エックスメタル)というシリーズで、アルミニウムのフレームを採用しています。高級感があり、カッコ良いですよね!

でも正直、野球で使うならプラスチックのフレームの方が良かったです。笑

 

このX-Metalシリーズから新しいモデルが出たということで、チェックしましたが第一印象は「なんじゃこりゃ」

それが何だかじわじわと…。独特のデザインが唯一無二で、欲しくなってきちゃいました。

 

f:id:hekemaru:20170404094735j:image

 

「Madman」(マッドマン)です。

着用画像は載せませんが、かなりの悪人顔になります。

 

f:id:hekemaru:20170404094741j:image

 

サイドには目立たないですが、アイコンがしっかり入っています。

 

f:id:hekemaru:20170404094806j:image

 

ケースはこんなの。無駄にカッコイイです。笑

 

オークリーのサングラスは人気ですが、人とは違うものを使いたいという方に、このX-Metalシリーズはおすすめです。

 

そして、個性派の方は是非ともマッドマンを!

 

 

rpx.a8.net

 

 

 

rpx.a8.net

 

 

アークテリクス アトムLT

前回に続いて、アークテリクスの中綿ジャケット。アトムLTの紹介です。

 

ダウンジャケットなどの保温性能があるものは冬の必需品になるわけですが。

 

ダウンって色々と気を使いますよね。私は自宅で洗えないことが、ストレスになります。

 

そこで、私は化学繊維のものを愛用しています。

化学繊維はダウンと比べて、雨や汗の水分でへたりにくかったり、わた抜けが少ないというメリットがあると思います。

 

f:id:hekemaru:20170404103415j:image

 

f:id:hekemaru:20170404103418j:image

 

アークテリクスのアトムには蒸れづらく、通気性と速乾性を重視したコアロフトという独自開発の化学繊維が使用されています。


アークテリクスのアトムは、このコアロフトを使用しているため、疎水性が高く、表地のシェルもある程度風が抜けてくれる素材のため、熱がこもらずに丁度良い保温力をもたらしてくれます。

 

今回紹介しているのは、「LT」ジャケット。
LTは、耐久性の高い素材で作られていて、最小限の機能に合理化され、非常に軽量なデザインのシリーズです。

 

かなり着る時期は長いですね。

 

フード付きのものも発売されていますが、前回紹介したようなハードシェルの中に着ることが多いので、フード無しの方が使い勝手は良いです。

 

カラーも無難なブラック。笑

 

もう購入してから6年かそれぐらい経ちますので、かなりクタクタになってきてますが、まだまだ現役で頑張ってもらいます。

 

rpx.a8.net

 

 

 

rpx.a8.net



 

 

ARC’TERYX×BEAMS 35th別注 Theta SV

アークテリクスとビームスのコラボ。クレイジーパターンのシータSVジャケット。

アークテリクスのオールドファンである私は、どうしてもこのブランドに「硬派」なイメージを持ちます。

お洒落とかは度外視、といったら言い過ぎなのかもしれませんが、機能性を最優先に考えた製品に魅力を感じていました。

 

こいつは、アークテリクスの概念を覆しました。

 

f:id:hekemaru:20170404102623j:image

 

f:id:hekemaru:20170404102629j:image

 

f:id:hekemaru:20170404102718j:image

 

アークテリクスのジャケット名には「SV」「AR」「LT」「SL」などのアルファベットがつきます。

こいつは「SV」。

「SV」は「シビア」の略です。自然環境が最も過酷なコンディションを想定していて、長期間の使用にも耐える優れた素材を使い防水性や耐久性が高いモデルになります。

要は1番良いやつですよ。

 

ガチな仕様でカラーはクレイジーパターンです。

このギャップが、こいつに惹かれたポイントですね。

 

「モノ」として気に入り購入しましたが、派手すぎて着なくなるだろーなとも思っていました。

それが全然飽きず、着るんですね。実際に着てみると意外と派手じゃない?かも。

かなり愛用していて、購入してから5年休まずベビロテです。

 

40thのビームス別注で似たようなクレイジーパターンが出ました。

 

f:id:hekemaru:20170408083415j:image

 

前のビームスマークいらない。笑

私が所有している35thとは全く同じカラーは使わないで、違うパターンになるように制作されたようですが…。(青も似ているようで違うカラーらしいです)

 

やっぱりキャラは被ります。笑

35thのときは、2度とこんなものと出会えないと思って有り金を叩いただけにちょっと残念。

 

まぁでも個人的には35thの方が、カッコイイと思うわけです。

 

まだまだこれからもこいつには活躍してもらおうと思います。

 

 

 

rpx.a8.net

 

アークテリクスについて

皆さんは「服」を選ぶときに、何を基準にされますか?

「安さ」が大事という人もいるでしょうし、もし高いものを買うときには、何に拘るかですよね。

 

例えば、デザイナーズブランドであれば、そのデザインにお金を払うわけです。

 

先日紹介したビンテージの復刻ジーンズなんかは、稀少な生地にお金がかかっていたりします。

 

でも、そういったことって、わかる人にはわかるかもしれませんが、わからない人にはわかりにくいと思います。わかる人が拘るんですよね。(当たり前ですが)

 

私は、そういった面で一番わかりやすく、納得がいくのは、「機能」にお金がかかっているタイプの服だと思うんです。

 

機能といえば、アウトドアウェア。

 

アウトドアブランドにも色々とあり、売られている価格も安いものからバカ高いものまで。何が違うといえば、機能が違います。

 

このアークテリクス。

 

f:id:hekemaru:20170331021736j:image

 

最近では、街中でもよく見かけるようになりましたね。

アウトドアブランドの中でも最高品質のものを作っていると思います。(最近は人気が出て、私の中でのブランドイメージが変わりつつありますが…)

 

正直、流行って欲しくはなかったです。

 

f:id:hekemaru:20170404084723j:image

 

アロー22。めちゃくちゃ持ってる人多いですよね。

 

 

 

 

私は現在は廃盤となった、アロー16の初期モデルになる黒×タンを使っていました。

そのときは、アークテリクスのロゴマークを見ても、ほとんどの人は知らなかったと思います。

(最近、ビームスから別注のアロー16が復刻して、少し興奮しています。)

 

 

 

流行ったことで、ブランドの路線は変わってしまいましたが、ブーブー言いながら、なんだかんだアウトドアウェアはアークテリクスを多く購入しています。

 

他には、これまた有名なパタゴニア

 

f:id:hekemaru:20170404090416j:image

 

スウェーデン発祥のホグロフスもお気に入り。

 

f:id:hekemaru:20170404090532j:image

 

これから随時、所有しているアウトドアウェアを紹介していきたいと思います。 

 

 

 

rpx.a8.net

 

 

 

 

 

CANADA GOOSE × NEW ERA?

言わずも知れたカナダグース。

以前はシタデルというモデルを所有していましたが、正直必要なかった…。

 

f:id:hekemaru:20170331115353j:image

 

rpx.a8.net

 

暑い!

人と同じのが嫌な自分はカムループスなどの人気モデルを避けました。

 

失敗ですね。笑

 

シタデル、ダウンの量が多すぎます。

電車の中で着ようもんなら、中は汗だくです。笑

 

カムループスは日本の気候には合っていると聞いたことがあります。

 

f:id:hekemaru:20170406080705j:image

 

一方で、シタデルは本格仕様で寒冷地に標準を合わせているそう。

 

もちろん、そういった知識なしに購入したわけではありませんが、本格仕様という言葉と、前にワッペンが入っているところに惹かれてしまいました。

 

オーバースペックのものを使用して、勝手が悪くなったケースは今までなかったのですが、ダウンジャケットだけは違いました。

 

しかし、カナダグース流行りすぎじゃないですかね…。

良い品ですが、あまり欲しいという欲もなくってきました。

シタデルが最初で最後のカナダグースになりそうです。

 

 

 本題です。

 

 

カナダグースのキャップを購入しましたが、これも被らない。

 

f:id:hekemaru:20170331115506j:image

 

コイツです。可愛すぎる。笑

 

そこで、被らないなら被るものに変えてしまえ!ということで、ワッペンを剥がしてニューエラに縫い付けちゃいました。(家庭科の成績が悪かった私は洋服直しの店に依頼しました)

  

f:id:hekemaru:20170404111034j:image 

 

f:id:hekemaru:20170404111045j:image

 

こんなことやっちゃっていいのかなーと思いつつ、秋冬は愛用しているキャップです。

 

周りからは「偽物だー」とか思われているのでしょうか。

 

まぁ自己満足の世界なので、許していただければと思います。

 

 

 

rpx.a8.net

REGAL×MR. BATHING APE

先日、紹介をしたリーガルのウイングチップ。

 

アウトレットで激安購入したと紹介しましたが、こちらもセットで2足買いしたんです。

 

f:id:hekemaru:20170330233955j:image

 

f:id:hekemaru:20170330234004j:image

 

f:id:hekemaru:20170330234310j:image

 

以前、私はストリート系も好きなんだという話をしましたが、超有名なAPEというブランド。

そのスーツラインである、MR. BATHING APEとリーガルがコラボしたスペシャルなシューズがなんと!アウトレットにあったんですね。

店員さん曰く、コラボ商品がアウトレットにくることは、ほとんどないそうです。

 

私、スニーカーでは30センチ、運動靴では29センチを履きます。バカの大足とはよく言われたものです。笑

 

そんなビッグフットなので、自分に合う靴なんてまぁ見つからないのですが、奇跡的ありました!足が大きくて得をしたことなど、ほとんどありませんが、今回はこんな足に産んでくれた親に感謝します。笑

 

ゴールデンサイズなら、この靴は100%残っていませんから。

 

定価は¥50000オーバーの靴です。購入価格¥19000ですからね。笑っちゃいます。

 

ブラウンとホワイトのコンビ。お洒落レベルが高い靴ですが、必ずや履きこなしてみせます!

 

ウイングチップ?いや、トゥ部分には、ベイプスターが描かれています。さり気なくコラボをアピール。

f:id:hekemaru:20170331204657j:image

 

ここ近年のREGAL×MR. BATHING APEは、やり過ぎ感ありますからね。サイドにがっつり。笑

f:id:hekemaru:20170310054846j:image

ちょっとね…。本当のAPE好きには良いでしょうけど。

 

この靴の良いところは、デザインだけではなく、そのディテールにもあります。

 

製法は前回紹介したグッドイヤーウェルト。手間かかってます。

レザーもリーガルの中ではハイクオリティのもを使用しているそう。

 

もう一足所有している、リーガルのウイングチップと大きく違うのは、革底だというところ。

 

人生初の革底ですが、まぁ滑ります。笑

 

使っていけば底が削れてきて、少しずつ滑りにくくなるようですが…。

 

f:id:hekemaru:20170330234104j:image

 

3日ぐらい履いてこんな感じ。

 

そして底面もオイルを入れたりといった、手入れが必要になってきます。

もちろん、雨は厳禁。

 

革底は面倒なことばかりじゃないか、と思うかもしれませんが、革底のメリットはとにかく履き心地が良いところ。

一度革底を履いた人は樹脂底には戻れないって話も。

 

私の場合、アイテムを選ぶ上で、自分に似合うか似合わないかは二の次で、「モノ」として気に入るかどうかが一番にきてしまいます。

 

初めてコイツを触ったときの感動、忘れられないですね。「これは良いものだ」と一発でわかりました。

 

「モノ」については、それなりの審美眼が身に付いてきたのでしょうか。

 

色々なものに対して、目利きのできる大人になりたいですね。