へけまるの逸品。

拘りのファッションアイテムを中心に紹介

LVC 1944年モデル

さぁ、LVC第2弾です!

 

今日は1944年モデル。俗に言う「大戦モデル」というやつです。

 

 f:id:hekemaru:20170331000902j:image

 

f:id:hekemaru:20170331001502j:image

 

聞いたことある人、ない人、いると思いますが、お話させてもらいます。

 

第二次世界大戦といえば、1939年から1945年まで6年間続いた巨大戦争です。

当時、アメリカ政府は衣料品メーカーに対し、使用する生地、糸、金属などの原料を節約し、戦時の態勢に備えるよう命令しました。もちろん、リーバイスもそれに従ったんですね。

そうして製造されたのが、この「大戦モデル」です。

 

一番の特徴はやはり…

 

ウォッチポケットのステッチでしょうか。

 

んっ、ステッチ?

 

f:id:hekemaru:20170331000948j:image

 

画像ではよくわからないかもしれませんが、これ糸ではなくてペンキで書いているんです。

糸の節約ですね。

ウォッチポケットのステッチは、アメリカ政府からしたら、ただの飾り。

でもリーバイスからしたら、重要なシンボル。

このペンキステッチは、リーバイスが考えた末の苦肉の策だったんです。


金属の節約としては、コインポケットのリベットが廃止されています。

 

f:id:hekemaru:20170331001031j:image

 

最低限で使っているリベットは加工のされていない凡庸品ですね。ツルツル。

 

f:id:hekemaru:20170331001102j:image

 

ボタンはフロントボタンの一番上は月桂樹ボタン。

 

f:id:hekemaru:20170331001132j:image

 

下のボタンはリベット同様ツルツル。

 

 f:id:hekemaru:20170331001202j:image

 

他にも色々とあるようですが、まぁこれぐらいでいいでしょう。笑

 

私もそこまで詳しくありません。

 

 

シルエットはやはりビンテージ、太めのストレートですが、これがまた良い!

以前、紹介した1933年よりは細く、どんな服装にも合わすやすいと思います。

 

 

生地は最初ガチガチだったのが、本当に柔らかくなりました。

本当に体に「馴染む」ことを実感できる一本です。

 

f:id:hekemaru:20170331001247j:image

 

LVCの中では一番最初に購入し、一番愛着があり多く履きました。

良い味でてるでしょ?

 

ただ、私は色落ちとかは気にせず、洗いたいときに洗ってしまいます。

のっぺりな色落ち?別にいいじゃん。クサいよりはマシ、という考え。笑

 

根性履きとか、私はできないですね…。

 

 

この1944年「大戦モデル」

これからもずっと履き続けていこうと思います。

 

 

rpx.a8.net

 

 

 

 

rpx.a8.net

 

 

ARTS&CRAFTS エイジングキャンバストート

今日はARTS&CRAFTSのエイジングキャンバストートを紹介します。

 

ARTS&CRAFTSというブランドですが、「100年続くモノコトを」をコンセプトに、人の想いを繫ぎ、長く使い続けられるモノを作る語り継がれるコトを続けていくものづくりを行なっているそう。

 

 

 

…よくわかりません。笑

 

でもコイツは見た瞬間、一目惚れをし購入してしまいました。

 

f:id:hekemaru:20170330235309j:image

 

まず名前が良いですよね。「エイジングキャンバストート」

 

このキャンバス素材は、ベジタブル・タンニンで染めたもので、なんと経年変化が楽しめるんです!

 

そしてレザーは、有名なホーウィンのクローム・エクセル。時間をかけて油脂じっくりと浸透させたレザーで、上質なしっとり感。キャンバス地と同様、ベジタブル・タンニンなめし加工がされていて、馴染みが良い革です。

 

聞いた話によると、L.L.Beanトートをリスペクトしているようで、デザインは確かにそっくり。持ち手の長さもL.L.Bean同様に完璧です。

 

f:id:hekemaru:20170330235429j:image

 

中はいたってシンプル。このシンプルさが良い。

何も気にせず、荷物を放り込んでも入る入る。

 

ビームスの店員さんに使って3年のエイジングキャンバストートを見せてもらい、いいなーと思ったのですが、こちらはもう6年目ぐらい。だいぶエイジングが進んでいます。

 

キャンバスのバッグと考えたら、かなり値段をお高いですが、長年使い込むほど「買って良かった」と思える逸品です。

 

次はこれが欲しい!

 

f:id:hekemaru:20170402175151j:image

 

「3way carry on」というバッグ。

いつかゲットしたいものです。

 

 

 

rpx.a8.net

 

 

 

 

L.L.Bean レザートート

L.L.Beanは1912年にアメリカで設立された、歴史のあるアウトドアブランドです。

 

f:id:hekemaru:20170401184927j:image

 

L.L.Beanの製品といえば、「ビーンブーツ」という防水ブーツが有名です。(私も所有しているので、どこかで紹介したいと考えています。)

 

f:id:hekemaru:20170401184939j:image

 

 

でも、今日はトートバックを紹介します。

 

L.L.Beanは色々な種類のトートバックを出していますが、丈夫なキャンバス地を使ったものが人気です。

 

f:id:hekemaru:20170312173251j:image

 

こちら。

rpx.a8.net

 

元々は氷の塊を運ぶためのバッグとして発売されたというルーツがあり、縫い目などの作りもしっかりしています。

 

値段は手頃で、名前やイニシャルなどの刺繍を入れることができるサービスもあるので、かなりおすすめです。

 

 

 

私もこのキャンバストートを所有していましたが、現在手元にあるのはレザーのトートです。

 

 

f:id:hekemaru:20170330234952j:image

 

 

私がコイツを購入したのは、4年か5年か前だったと思いますが、当時の価格が¥16000とか、それぐらいだったと記憶しています。

 

フルレザーのトートバックがですよ!ちょっと考えられない安さだと思いませんか?

 

レザーの質は…正直あまり良くはないです。少しツルツルしたような感じ。

 

でも、それが逆に良かったりします。傷も付きにくいし、雨の日も気にせず使っちゃっています。笑

そのせいか、エイジングも進んでいます。

 

大きさもまた、使いやすいです。レザーのトートバックなので、キャンバス地のものなどと比べたら、重たいのは仕方なし。

 

その分、ずっと手持ちはしんどいので、肩かけ出来る持ち手の長さが欲しいのです。

だからといって、持ち手が長すぎても、手持ちにしたときが不恰好になってしまいます。

このトートはその持ち手の長さとバランスが絶妙!肩かけが可能で、かつ手持ちにしたときもカッコ良いです。

 

中はコットンの内張があり、バックスキンよりは清潔感があります。

 

 

f:id:hekemaru:20170330235106j:image

 

 

真ん中の仕切りは正直必要ありませんが。笑

トップはファスナーで閉じるようになっています。

雨が降っても安心!

 

 

 

とにかくコスパが高すぎるトートの紹介でした。

 

 

 

rpx.a8.net

 

 

 

 

LVC 1933年モデル

皆さんは、「デニム」お好きですか?

 

私は大好きです!

 

どの辺りが好きなのかといえば、経年変化が楽しめるところ。革製品などもそうですが、使い込んでいったら味が出て、カッコ良くなるというのは本当に楽しいです。

 

劣化して使えなくなっていくだけのものだったら、やはり気を遣います。ガンガン「使いたい」と思わせてくれる丈夫なデニムはそこが魅力ですよね。

 

 

ジーパンに関して、拘っていないときは某ファストファッションブランドのものを履いていました。それはそれの良さがありますが。

 

でも、ジーパンって結構履くじゃないですか?使用頻度の高いものは、拘りたいですよね。

 

と、いうことで、今はリーバイスのVINTAGE CLOTHING(ビンテージ クロージング)シリーズをメインで履いています。

 

長く続いてきたリーバイス・ジーンズの歴史の中で、それぞれの年代で発売した製品の生地やデザインなどを細部まで再現したのがこれ。

 

マニアの人からしたら、オリジナル(当時の現品)だ、色落ちなら他社の製品だ、など色々と意見があると思います。

 

ただ、私にはジーパン=リーバイスという構図がありました。事実、ジーパンの原点はリーバイスにあるわけですから。デニムのウォッチポケットのステッチはリーバイスのアーキュエットが良いんです。ザッツオール。笑

 

リーバイスのVINTAGE CLOTHING(以下、LVC)は他のレプリカジーンズに比べて、生地が良くないとか、そんな話はやめましょう。

 

 

私が所有しているはリーバイスのVINTAGE CLOTHING(以下、LVC)は1933モデル、1944モデル、1955モデル、1966モデルの4本です。そう、ゾロ目でコレクションしています。笑

 

今日から順番に紹介していこうと思います。

 

 

まず1本目は1933年モデル。

 

f:id:hekemaru:20170330232336j:image

 

私が所有している年代の中では1番古いモデルですが、購入は2016年8月12日。

 

f:id:hekemaru:20170330232423j:image

 

こうやって購入した生年月日を記入するようにしてます。

 

この1933モデルの1番の特徴は、ベルトループとサスペンダーボタンが両方備わっているところです。

 

f:id:hekemaru:20170330232542j:image

 

私はサスペンダーを使うことがありませんので、正直ボタンは邪魔です。てか、この上からベルトを通すと、ボタンが骨に当たって痛い。笑

 

コイツを履くときは、レザーのベルトは厚みがあるので、なるべくコットン素材の薄いベルトをするようにしています。

 

f:id:hekemaru:20170330233342j:image

 

まったく世話が焼けます。でもそこがまたビンテージっぽくて可愛い!ちょっとおかしいですよね。笑

 

バックスタイルも特徴的で、シンチやウォッチポケットのシングルステッチとリベットが目立ちます。

 

f:id:hekemaru:20170330232743j:image

 

f:id:hekemaru:20170330232749j:image


ちなみに、リーバイスの代名詞であるレッドタブは未だ備わっていません。

 

その代わりといってはなんですが、革パッチの下に在る「NRA」(National Recovery Act)の白い布は、1933年モデルしか付いていません。

 

f:id:hekemaru:20170330232653j:image

 

これは1930年代、世界大恐慌のときに当時大統領だったルーズベルトのNational Recovery Administration(米国復興局)によって制定された労働法を固守した証です。(歴史の勉強みたいですね。笑)

何も知らなかったらこのタグ切りたくなりますよね。笑

 

ジーパン1本でこういった歴史を語れるのもまた、LVCの良いところです。

 

シルエットはかなり太め。ペインターパンツとはいかないまでも、「ビンテージ」って感じです。決して万能に活躍してくれる選手ではないですが、必要になる場面は必ずきます。笑

 

レングスは変えていません。ロールアップ専用にしています。アウトドアスタイルなんかには最高ですよ!

 

f:id:hekemaru:20170330232907j:image

 

生地は薄くて、柔らかいです。夏でも履けそう。

 

まだまだ履き込みが足りず、色落ちはまだまだです。

 

1944年はいつ紹介しようかなー。とりあえず年代順にいこうと思います。

 

購入はこちら↓

 

rpx.a8.net

 

 

 

rpx.a8.net

 

ダナー CASCADE RANGEII【カスケードレンジ2】

これはいつ購入したんだか。

ABCマートがダナーを買収する前だったのは確かです。

 

もう手放しましたが、以前はマウンテンライトを履いていました。

 

f:id:hekemaru:20170309224241j:image

 

rpx.a8.net

 

 

とても良いブーツでしたが、少し重たかった。ハイカットのブーツは自分には合わないなと感じました。

 

 

 

 

そこでコイツです。カスケードレンジ。

 

f:id:hekemaru:20170331003024j:image

 

f:id:hekemaru:20170330211132j:image

 

f:id:hekemaru:20170330211144j:image

 

ダナーといったら、ダナーライト。

 

f:id:hekemaru:20170310034549j:image

rpx.a8.net

 

 

カッコイイですよね!

 

これをローカット仕様にしたのが、カスケードレンジになります。

 

どんな服装にもバッチリ合わせられます。特に私はテーパードがきいている(裾が絞ってある)パンツを履くことが多いので、重宝しています。脱ぎ履きもかなり楽です。

 

機能としては、インナーライニングにゴアテックスを使用しています。「GORE-TEX」のプレートがイカしてます!

ビブラムソールで悪路も問題なし。

 

セダーレインボー(ダークブラウン)が抜群にカッコ良かったのですが、ザ・ダナーカラーのナチュラルブラウンを選びました。経年変化もより楽しめるかなと。実際、良い味がでてきてますよね!

 

ほとんど履かない時期もありましたが、購入してから6年か7年かは経つと思います。馴染むまでは硬く、かなり我慢しましたが、今では本当に履きやすい相棒になっています。

 

見る人が見れば、すぐわかると思いますが、少しカスタムしちゃってます。最近やったのですが。

 

 

フォルスタン、つけちゃいました。

 

f:id:hekemaru:20170310040949j:image

 

フォルスタンには 泥・埃よけの意味があるとかないとか。諸説ありますが、タンが紐で擦り切れるのを防ぐものともいわれていますね。

まぁ、私の場合は装飾です。野暮ったいブーツが少しだけきれい目?になりました。自分では中々気に入っています。

 

フォルスタンの購入はこちら↓

 

rpx.a8.net

 

 

 

 

ABCのダナーにもカスケードレンジと似たモデルを見たことがあります。

どうなんですかね…?

 

 

 

 

 

rpx.a8.net

 

Supreme x Comme des Garcons キャンプキャップ

私、今はトラッド系のファッションが好きなんですが、元々はストリート系が好きだったんです。というか、今でも好きかな。

 

特にSupremeにはかなり熱中しました。私がハマっていたときの人気も凄かったですが、今はもう何かの宗教みたいになってますよね。笑

 

それだけ人を惹きつけるものがSupremeにあるのは事実です。

 

過去はクローゼットの中がSupremeだらけにもなりましたが、現在はほとんど残っていません…。

 

 

でも!何点かは残ってます。そのうちの1点を紹介しましょう。

 

 

Supreme x Comme des Garconsのキャンプキャップ!

 

f:id:hekemaru:20170311233454j:image

 

このキャップ、本当にそれぞれのブランドの良いところが中和し合ったコラボだと思います。特にこの「反転ロゴ」はSupreme x Comme des Garconsの代名詞になっていますね。

 

アウトドアスタイルにはもちろん、ジャケットの上に被っても意外といけちゃいます。ファッション上級者の「はずし」ってやつです。笑

まぁ夏にTシャツ短パンで被るのが1番しっくりきますが。

 

型くずれ上等で汚れたり汗をかいたら洗濯機で回しちゃってます。いい感じに色褪せてきてますね。

 

f:id:hekemaru:20170311233503j:image

 

結構使い混んでるでしょ?

 

 中にもコラボの証。

 

f:id:hekemaru:20170311233602j:image

 

このコラボ、他にも魅力的なアイテムが沢山出ていますので、是非チェックしてみてください。(売買されているものは、ほとんどプレ値ですが…)

 

ネットの情報では、今年2017年にSupreme x Comme des Garconsが発売されるとか。本当かどうかは知りませんが。

発売されて良いのがあれば欲しいですけどー。

それでも私はたぶん並びません。笑

 

 

 

 

rpx.a8.net

 

ミステリーランチ HIP MONKEY

ウエストバッグってちょっとしたお出かけには便利ですよね。そこで紹介するのが、ミステリーランチのウエストバッグ「HIP MONKY」(ヒップモンキー)です。

f:id:hekemaru:20170309083604j:image

HIP MONKYはこちら↓

 

rpx.a8.net

 

このカラーはフォリッジ。私が所有しているのは他のカラーですが、後で紹介します。

ミステリーランチというブランドは昨日の投稿でわかってもらえたと思います。こちらのヒップモンキーですが、maid in USAの製品になります。

 

 

廉価版は「FULL MOON」

f:id:hekemaru:20170309083408j:image

FULL MOONはこちら↓

 

rpx.a8.net

 

 

 

皆さん、ミステリーランチにはアメリカ製とフィリピン製があると紹介しましたが、実は簡単な見分け方があるんです。

タグ、見てください。

アメリカ製は「MYSTERY RANCH」の下に「Bozeman MT USA」の文字が入ります。

それ以外は何も入らないか、「INTERNATIONAL」の文字が入ります。

「HIP MONKY」と「FULL MOON」のタグを見比べてもわかりますよね!

これを知ってしまうと、どうしてもアメリカ製に拘ってしまいます…。

 

 

 

 

私が購入したカラーはコヨーテです。

 

f:id:hekemaru:20170311083450j:image

 

HIP MONKYは先に載せたフォリッジと、このコヨーテと、ブラックの3色展開。3DAYは無難にブラックを買ったので、コヨーテにしました。フォリッジと迷いましたが…。

ミリタリー感が強いカラーなので、どうかと思いましたが、意外と服装を選ばず、良い感じです!

 

 

「HIP MONKY」と「FULL MOON」は大きさも違います。「HIP MONKY」の容量は8.2リットルとウエストバッグの中では大きめ。「FULL MOON」は6.5リットルと標準サイズになります。

 

この8.2リットルという容量、私にとっては絶妙で、財布、携帯、鍵、手帳、カードケース、名刺入れ、サングラスなど余裕で収まります。荷物が少ない時にはバッグ両サイドに付いたコンプレッションベルトを締めるとマチが薄くなるのもナイスです。

 

f:id:hekemaru:20170311083553j:image

 

「HIP MONKY」は一応ウエストバッグですが、私はほとんどメッセンジャーバッグのように斜めがけをしています。

私はかなり大柄なのですが、長めのストラップが採用されていますので、上にコートを着ても斜めがけできちゃいます。

 

背面にはウエストバッグとは思えない肉厚なメッシュのパッドが付いていて、使用頻度が増える夏場も快適。荷物を多くいれても使い心地は抜群です。

 

f:id:hekemaru:20170311083608j:image

 

ウエストバッグとメッセンジャーバッグの中間のような、そんな感じがGOODですね!

 

実は3DAYと同様にジッパータブをカスタム!3DAYはコードバン素材の高級品を付けましたが、HIP MONKEYには東急ハンズのタブです。一応レザー。

 

f:id:hekemaru:20170311083640j:image

まぁそのままの紐よりは…良いですよね!

 

普通のウエストバッグより、少し背伸びをしてアメリカ製。おすすめですよ!

 

 

 

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
https://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TERYM+9SGMWI+2HOM+6DZBN&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2F0ea62065.34400275.0ea62066.204f04c0%2Fa17033098591_2TERYM_9SGMWI_2HOM_6DZBN%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fwww.rakuten.co.jp%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252F